自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く 1枚目の写真・画像

脆弱性と脅威 脅威動向

「どういったポリシーでセキュリティ技術を取り込んでいくかロードマップが重要」 名古屋大学 高田 広章 教授
≪撮影:中尾真二≫ 「どういったポリシーでセキュリティ技術を取り込んでいくかロードマップが重要」 名古屋大学 高田 広章 教授

この記事の写真

/

関連ニュース

PageTop

脅威動向人気記事

  1. Miraiに感染したIoT機器によるアクセスの増加を確認(警察庁)

    Miraiに感染したIoT機器によるアクセスの増加を確認(警察庁)

  2. 標的型攻撃メールの情報提供は減少、しかし巧妙化進む(IPA)

    標的型攻撃メールの情報提供は減少、しかし巧妙化進む(IPA)

  3. ネットからアクセス可能なスマートホームデバイス、日本で千台以上確認(Avast)

    ネットからアクセス可能なスマートホームデバイス、日本で千台以上確認(Avast)

  4. 佐川急便の不在通知を装うSMSを確認(フィッシング対策協議会)

    佐川急便の不在通知を装うSMSを確認(フィッシング対策協議会)

  5. アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

    アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

  6. 件名と本文に本当のパスワードを記載、仮想通貨を要求するメール確認(JPCERT/CC)

    件名と本文に本当のパスワードを記載、仮想通貨を要求するメール確認(JPCERT/CC)

  7. 皮膚炎を起こす「やけど虫」が増加、6~8月に特に多く発生

    皮膚炎を起こす「やけど虫」が増加、6~8月に特に多く発生

  8. 「GPONルータ」の脆弱性を狙うアクセスの増加を確認(警察庁)

    「GPONルータ」の脆弱性を狙うアクセスの増加を確認(警察庁)

  9. 添付のPDFファイルをWebブラウザから開かせる偽Appleメールを確認(フィッシング対策協議会)

    添付のPDFファイルをWebブラウザから開かせる偽Appleメールを確認(フィッシング対策協議会)

  10. 口永良部島・新岳の最新の火山状況を発表、噴火警戒レベル5が継続(気象庁)

    口永良部島・新岳の最新の火山状況を発表、噴火警戒レベル5が継続(気象庁)

ランキングをもっと見る